So-net無料ブログ作成

夕景 [ふたたびの]

磐梯山夕景


この夏 私の住むぐりりん村は、36日間雨が続いて

体建て直しに温泉に行ってきたの。

去年 今後続くであろう後遺症について 考え 一番見落としがちな髄液漏れまで検査をして検査結果は髄液漏れはないとわかったけど 言い表しようもない頭痛、吐き気、怠惰感、虚脱感 無気力感に襲われて 私は押しつぶされそうになった。

だけど どうしても約束した仕事だけは済ませないと そう思ってある程度形を作って 9月2週目の準備まで済ませてでかけたんだ。

もっと早くでかけたかったが 私の母が倒れて入院した。回復の兆しとここまできたから安心となるまでどうしても出かけることはできなかった。

母をね 見舞ったときに手を握ったら ものすごい握力で握り返されて少女時代の娘のような気持ちになって 張り詰めた心糸がほどけて 涙が溢れたんだ。

仕事がんばれって 気合入れられた暁には 踏ん張らなければね。

頑張った分だけ自分自身の財産ができるから それがどんな財産でも私自身の糧となるように何歳になっても体調が悪くてもその時なりに過ごそうと思うんだ。

あと一週間 がんばって 体調戻したい。

もう少し 落ち着くまで 閉ざされた空間にさせてください。

タグ:磐梯山

共通テーマ:アート

ONAHAMA [ふたたびの]

ONAHAMA


20年近くも昔の話し 大王の転勤に伴い 始めて磯の香のする土地に住んだ。

当初は、40歳の孤独であった。

孤独は人を求め ケーキ屋のお菓子教室・水泳教室で水泳を習い 少しでも人の輪に入ろうと努めた。

子供たちは、慣れない土地で当初は悩み神経性胃腸炎になったりしたが 日を増すごとに仲良しが増えて行った。

懐かしさに思いを馳せ台風の凪の中、桟橋にたたずんだ。


共通テーマ:アート

嬉し弾みし秋の日に [ふたたびの]

仙台は、秋真っただ中 ジャズが街を覆う日がやってきた。

定禅寺ジャズフェスティバル

弾む音に合わせて体もスィング 音はこの頃ちっくらでぶってきた体も軽いように錯覚させてくれるね。

あぁ 麦酒のみてぇと おらが若い頃なら このお嬢さん達とおらが並んでも おら。。。見劣りはちっともしないと思うよ。<(`^´)>

あぁ 麦酒のみてぇ

なんて独り言をブツブツつぶやいて ぐりりん村に戻ると

八幡の夜は更けて

9月は村の鎮守様 国宝大崎八幡宮鎮座410年記念奉祝のさまざまな行事が目白押し 9月10日は 村の主要道路にて どんとロード八幡雀踊りがなされるだよ。

どんとロード.jpg

お囃子の弾む音 笛も太鼓も掛け声も 元気!雀たちが熱く演舞する姿は 迫力満点 そして一緒に一緒に踊りたくなってくるよ。

嬉し弾みし秋の日に 街では ジャズ ぐりりん村改め 八幡町ではお囃子の音と共に 雀が舞い踊る。

天気に恵まれて 良い一日となりますように


共通テーマ:アート

曼殊沙華 [ふたたびの]

曼珠沙華

生きてる証のようなそんな赤に出会った。

人間ドッグの結果は、久しぶりに要検査もなく(そりゃぁ 高脂血症だの 高血圧で治療中だから それに伴う なんちゃらかんちゃら付属する成人病は、年相応にあるけど)

腫瘍マーカーも引っかからず 結果が出るまで うごめいていた心のうさが飛んで行った。

この花と一緒にロマンチックな文章でもと思っていたけど まるっきりトキメキもなく 目の前の課題に向かってひたむきに暮らす日々だった。

妄想ハイジのあだ名を返上しなくてはいけない・・・

なんてならないように これからは ふっと出会った人の背後にハートオーラを感じるようにしたいなぁ

ミサイル発射のアラートがもう二度とならないように 平和と平穏な暮らしが一番 そうしたら妄想ハイジに戻れるかも




共通テーマ:アート

この暮らしの中で [ふたたびの]

真夜中に 至急応援要請の電話あり

依頼に応じたものを作り 急いで送る

翌日は 来客あり

本日は 夏の日用品を片づけた

毎年この時期は 八幡宮の例大祭で外で盛り上がっていたけど

今年は 日々の暮らしの継続だった。

時間が空いた時に買い出しに行き 見つけた槿の花

槿

いつもどおりこの時期に咲き 私を和ませてくれる

自分一人の趣味だけで暮らせるわけもなく 人に助けられ 人に寄せられて暮らす もてなすことも もてなされることも 大きな生きていく歯車の中で潤滑油のように大事だと思った。

この頃 富に思う。

人は宝 家族は私のかけがえのない大切でずっと一緒にいたい人たち

今夜はこれで ゆっくりとやすみたい


共通テーマ:アート

葉見ず 花見ず 彼岸花 [ふたたびの]

葉見ず 花見ず 仏の花


花に出会い

そっと手を合わす

彼岸の入り

※ 葉を見ず 花見ずとは 彼岸花を表す言葉として用いられる

彼岸花は、花が、咲いてる時 葉を見ることはできず 葉が、出た時は 花を見ることができない


共通テーマ:アート

ポコポコ [ふたたびの]

ポコポコ

6月位からの写真がまだブログに出されてなくてもう初秋

今日と言おうか 昨日の仕事も終わらぬままにこの時間

このダリアの花びらのように 幾重にも仕事をこなす手段があればいいのにとめっちゃ思う。

とボヤキながら 土曜日は、彼岸の為帰省しなくてはいけない

元気になって病院でリハビリを頑張ってる母にも会いたい

分身の術より 正確に仕事を素早く悩まずこなす 力量と判断力が欲しい。

これからもうひと頑張り 締めに間に合わせなきゃ


共通テーマ:アート

一寸法師になりたい [ふたたびの]

一寸法師になりたい

一寸法師になりたい

お椀の中にうんまい日本酒注いで 酒風呂なんて最高だろうな

でもね。。。もう ピチピチバディじゃないから 覗いたら 具合悪くするから やめた方がいいよ。

このまま帰省したら ご先祖様から 「おめ なにかんがえてんだが!」と怒られそうだから 明日の朝まで この夢の続きを見ていたい。 

目が覚めたら 家鴨に戻ってて 「やっぱりな」ってつぶやいて 人間に化けて すり鉢村へ 帰ってきます。

所詮 家鴨は家鴨 夢は戯言よね。


共通テーマ:アート

うんまい [ふたたびの]

お彼岸の中日23日 帰省 大王の家で おはぎをいただく

おはぎ

母のおはぎは、母の情と同じく 味が濃い

食べに行ったのか ご先祖様に挨拶に行ったのか?聞かれたら・・・。

そこは、そこ それは、お腹が満腹・・・

大王の実家のお寺さんに挨拶に伺ったり それは、世の務めは、果たさないとね。

大王実家方面の務めを済ませて 入院中の母に会って 先回は握手だったが 今回は、酸素吸入も点滴も外れたので 体位交換のふりをして母を抱きしめてきた。涙こぼれるのを見せたくなくて 母の足をぐいぐいマッサージして 以前はむくんでいたのも取れて しわしわの肌になっていたけど 血流が良くなるようにとごまかして足の指先までマッサージしてきた。

スタスタ歩けるようになったらしいが・・・と言うことは 起き上がれるはずが 起き上がろうとせず されるがままだった。

まぁ 時間潰しにと 私が撮った写真をアルバムにして一枚一枚説明したが興味を全く示さず 挙句の果て 持って帰れと言うので 病室のテレビの脇に置いて 「一枚一枚 暗記するほど見て。」と言ったら 口をあんぐり開けて 半笑いしてきたのを見て これは、回復の手ごたえありと 嬉しくなった。

そんな感じで 私の実家に着いたのは夕刻迫り 姉(兄の奥さんなんだが 私が20歳の時から実家に住んでるので 兄の奥さんと言うより 血を分けた本当の姉のように私を思ってくれてる)が 作りたてのじんだんおはぎを持たせてくれて 仙台に帰った。
おはぎ

姉の作ったおはぎは、優しい味がした。

どちらのおはぎも 私たちを思い作ってくれた温もりのある味だった。


共通テーマ:アート

旅先にて [ふたたびの]

星野リゾート 磐梯

ゆっくりと温泉につかりながら 美味しいものをと思いつき 旅に出る

冷やが好き

利き酒三点セットなるものを呑みながら 考えてるふりをしながら頭の中は気になってる歌が メリーゴーランドのようにぐるぐると回る


当たり前の幸せが極上の幸せだとようやく気付き始めた夜のことでありました。



共通テーマ:アート

家鴨に戻りたい [ふたたびの]

檜原湖

天気が良くて 暑いと感じると 泳ぎたくなる

どんな場所でとか どんなものを身にまとうか とても重大なる問題だ。

大自然の中 みんな生まれたままの状態の身なりならそれに準ずることになるだろうが、いかんせん 実の姿は、家鴨だ。

できれば透明マントですべてを隠して 誰の眼にも触れず 家鴨に戻って水かきで悠々自適に泳いでいたい。

そうすれば心ゆくまで まったりできるだろう。

この頃人間に化けてる時間が長くて足腰は、もちろん首も水かきも手羽先も手羽元も縮こまってる。

家鴨の姿でできる限り長くすごしたい。





共通テーマ:アート

寄り添う [ふたたびの]

毘沙門沼

いつまでも 愛おしく 寄り添うこと 難しいね。

9月27日早朝の地震のエリアメールで 大王は、私をたたき起こしたんだ。

いつも 素知らぬ顔してるのに なんだかとてもありがたかった。


共通テーマ:アート

だからさ [ふたたびの]

だからさ

この頃 写真の余韻について 考える

見る人にとって無駄な空白であっても 撮った本人は どうしても空白が欲しいと願うことがある。

その空白こそが 私の心の余韻 思うことのたまり場なんだ。

例え 賞とは無縁でも へたくそとか言われても 思いの丈を撮りたいと願う日々である。

感性は人人異なるものだものね。

そう考えてそう動くのも私 

本当はね。こんな風に ぼっちブログ(独りぼっちでなんのやり取りもできないブログ)嫌なんだ。

前のように 沢山の方々の文章を読ませていただき考えること 喜怒哀楽を共にすることが好きなんだ。

なかなか物事思うように運ばないね。

nice!(107)  コメント(30) 
共通テーマ:アート

ありがとうさま [ふたたびの]

メディアテーク

悩めるのも幸せ 教えてもらえることも幸せ

ここにいることができることの幸せ

先日はどうもありがとうございました。

もっと自由に もっと意志を持ってと思えるようになりました。

今日の写真は仙台メディアテークにて ブースの担当の方々から写真撮影の許可を得たあと写真を撮らせていただき写真のチェックをしてもらったものです。

写真は、どこでもおかまいなしに撮るものではなく 礼節をもって 撮りたいよね。

ブログに戻ってきたのもつかのま また 手伝いの仕事が入ってます。

がんばって 撮ってもさ さっぱし痩せなくて 心と体ふくよかになっていくばかりだわ。

手伝い先の大御所さまからの差し入れが美味しくてねぇ。

言われた写真を的確に撮るのもすごい勉強で いい経験を与えていただいたと感謝してるの。

次の更新まで 風邪ひかないようにお互いにしようね。

nice!(131)  コメント(20) 
共通テーマ:アート