So-net無料ブログ作成
検索選択

潜り込む [帰省 2017 春]

一人歩き なんでもない駅へ続く地下道

ここを歩くと どこでも行ける錯覚を感じられる

SENDAI SUBWAY

本当はどこへ行きたいのかと 自問自答

静かな時間制限のない 穏やかな気候の所で いぶし銀のようなお兄様と笑わせてくれる高田純次さまと なんでもお任せあれのおディーンさまがそばにいてくれたらいいなぁ

それって 高望み以外のなんでもないとわかってるけど


nice!(104)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

大人の修学旅行 北山崎でがっつりと [2017 春旅]

よゐこの昼ごはんの時間です。

と言っても北山崎にはご飯やさんは二軒しかありませんので絶景を見てすぐ最寄りの北山崎レストハウスへ

北山崎レストハウスにて

とても混雑してまして 食事をいただく席をとり 食券を買って

熊先生はがっつりと三食丼を くコ:彡 うに いくらがのっかてるの

北山崎レストハウスにて

家鴨は いくら 帆立 ネギトロがのっかてるのを 本当はね ウニがたっぷり入った苺煮が食べたかったんだけど ほら おばさん 高脂血症と高血圧もちだから そこは控えて 味噌汁も具だけ食べて お刺身もできる限りお醤油をつけずに

北山崎レストハウスにて

でもね こうして元気で暮らすためってかなり気をつけてるのに時々つかれてしまうのよね。

愚痴は美味しくないけど 食事はとても美味しいね。

満腹になって外に出たら 5月上旬の北国の桜が満開でした。

北山崎レストハウスにて

駐車場に行く途中で『ごんた』と呼ぶ声に反応した二人 実は下の娘じゃかこは自分で動けるようになったころから落ち着きがまるでなく勢いをつけて移動してはそこら辺にごんごんぶつかっていたため『ごんた』というあだ名がついており 本人は幼き頃自分の名前は「ごんた」と思い込んでいたの。

ここでの『ごんた』さんは犬さんでした。

北山崎レストハウスにて

『ごんた』わんこを見たら 仙台に残してきた 娘に会いたくなって急いで車を走らせた熊先生と助手席でここで眠るは熊先生への不義理だと必死になって寝ながら目を開けていたゆうみ家鴨の春の旅ここらへんでおひらきしましょう。

さぁ帰ろう

お日様もお家に帰ります。

あっ!電車を走らす魔法の呪文は『発車オーライ!』なの。
真心こめて オランジーナ炭酸味を持ってつぶやくのよ。

おつきあいいただきありがとうさまでした。

お家に着いたら熊先生は大王に 家鴨の生徒はゆうみ家鴨といつものように戻ります。

タグ:東北 三陸 春旅
nice!(98)  コメント(27) 
共通テーマ:アート